タクシー運転手の1日
2016.05.13

タクシー運転手はどのような1日を過ごすのでしょうか。どのタクシー会社もほぼ同じとなっているそうで、まずは簡単な流れをご説明いたします。タクシー運転手が出社してから最初に行うのはアルコールの検査です。これはタクシーでなくとも、車を運転する際に酒気帯びでは法律違反になります。お客様を安全に目的地までお送りするタクシーとしては、ここをまず最初に調べないといけないのです。次に今日自分が使うタクシーの点検です。タイヤやオイルなど、不備がないかを丁寧にチェックします。座席や車体が綺麗かどうかを確認し、点呼を行った後に業務開始です。1日の勤務は最大18時間となっており、3時間の休憩や仮眠が必要となっています。基本的には1日働いたら、次の日は休みという形になっている会社が多いようです。この休みを明番や明け休日と言い、それ以外の休日は公休と呼ばれています。安全運転のためには法定外の残業であったり超過勤務などはやってならないことになっているのです。1日働いた後は会社に戻り、その日の運賃を会社に入金します。その後に使ったタクシーを洗車し、退社です。タクシー運転手の1日はおおよそこのスケジュールであり、働いた次の日は休みであり、また公休もシフト制となっているので取れるようになっています。安全にお客様をお送りするためにも、しっかりとしたスケジュールになっているのです。

当サイトについて お役立ち情報 就職相談窓口

注目 求人ランキング

東洋交通株式会社 東洋交通株式会社

【今だけプレゼント!!】☆面接交通費2000円☆入社祝い金10万円(祝い金は未経験の方のみ)【日本交通グループ】☆3…

東京都北区
株式会社ワイキャブ(横須賀営業所)

2種免許取得費用全額当社負担!!横須賀でタクシー…

神奈川県横須賀市
東京協同タクシー株式会社

雇用条件改革中!給料保障、入社祝い金、寮完備…

東京都板橋区
就職相談窓口 0120-980-299 就職相談窓口へ
新規会員登録のご案内 無料会員登録
Webで履歴書を作成したい方はこちらへ 無料会員登録
タクシードライバー転職エージェント タクシードライバー転職社
PAGE TOP